バリスタやパティシエになるチャンス|資格取得でドリームウェルカム

お店

資格取得の方法

コーヒーの専門職として、バリスタという資格が存在しています。バリスタとは、コーヒーに関する知識を多く持っており、それを実践する技量がある人であれば資格を取得する事が出来るでしょう。コーヒーは同じ豆を使用したとしても、入れ方や挽き方、水の温度や蒸し方などによって味が全く異なるナイーブな飲み物ですので、多くの知識をなるべく習得して実践するのがバリスタとしての腕の磨き方となっています。また、バリスタの方はショップを経営する事が多く、自分のお店でお客様を相手にコーヒーを提供していますので、お店の雰囲気作りなどの知識も必要となってきます。国家資格ではないので必ず資格を取得する必要があるというわけではないですが、自分のスキルアップや信頼性のためにも取得しておいた方が良いとされています。

バリスタの資格を取得する方法は主に三つあるとされています。一つ目は、専門的な学校に通う事でしょう。バリスタ協会が主催している専門学校などが存在していますので、技術と知識の二つを同時に習得出来ます。学費が必要となりますが、学費を払っているだけあって取得出来るスキルはかなり豊富となっています。社会人でも通えるように夜間制度を取り入れている学校もあります。
二つ目は通信講座での勉強方法です。テキストや機材などもセットで入手出来ますので、急いで勉強を始めたい人であれば通信講座でバリスタの資格取得を目指すのも良い判断でしょう。講師から直接指導を受ける事は出来ませんので自分の感覚が重要となります。
三つ目は独学です。完全に一人での勉強となるので費用が一番かからない方法となっていますが、自分一人での勉強となるので工夫が必要です。個人で勉強するのが苦手な方やカタログなどでわかりづらい部分を解決しにくくなっているので、プロの方の意見などを聞ける場所を用意すると安定するでしょう。
自分にあった勉強方法を駆使してバリスタの資格取得を目指しましょう。